FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再びチューブレス

20110208-01.jpg


HUTCHINSON FUSION3 TUBELESS

に変更です。以前使っていた
IRC FORMULA PRO TUBELESS SCが
別に嫌になった訳ではなく、
IRCを扱っている問屋さんの値段より
海外通販でのハッチンソンの方が
安かったという・・・・
変更前のセッテングは
タイヤ:Continental GRAND PRIX 4000S 23c
チューブ:Panaracer R-air+シーラント片側30ml
空気圧前後:6.8barで自己ベストセッティング
使用ホイール:SHIMANO WH-6700
使用バイク:Surly Pacer
4000kmパンク無し。
4000Sとシーラントは相性イイみたい。


以上の設定から
タイヤとチューブをHUTCHINSON FUSION3 TUBELESSに変更。
シーラントはタイヤを開けるときに大変だから今回は無し。



FUSION3 TUBELESSをハメてみた感想

"え?コレ、ホンマにチューブレスなん?"

IRCと比べると
やたらハメやすいんですが?

慣れもあるのかもしれんけど、
片方ハメるのに4000Sと
労力が大して変わらん。
片方5分かからないよ。コレ。

あえて言えば石鹸水は吹いたほうが
いいからその手間はいるけど、
フロアポンプで問題なくビードも上がったし、
ハメ易さはハッチンソンの圧勝。


とりあえず馴染みもあったので、
前後8.0barで一晩放置。

10時間前後で前後とも7.3barへ
馴染んでもう少し落ちが少なくなると嬉しいな。

実走はとりあえず7.0barで
とりあえず、表面の馴染みを狙って
平地でLSD50km走っての感想。

乗って10mでチューブレスってわかるね、コレ。

やたら乗り心地が良い割に転がる。

例えば、ものすごくフラットで凹凸が無い路面なら、
4000Sもチューブレスタイヤも転がりに大差は無い気がする。

ショック吸収性がやたらいいから凹凸でも跳ねない、
トラクションがかかる、スピードが落ちない。
って言う感じの転がりの良さ。
路面状況が悪いほど有利だろうね。

後、このタイヤ、コーナーの初期回頭性が
バツグンに良い。簡単に進路が変更して頭が入っていく。
平地でのUターンだけだから、
峠とかでは、印象変わるかもしれないけど。

ただ、凹凸でも、どんどん転がるからLSDには向かないかも?
凹凸でスピードが落ちない上に、ショック吸収性が良く、
凹凸が不快では無いから、

乗っていて気持ちが盛り上がる、
ドンドンスピードが上がる、
気がつけば心拍数上がりすぎ。

ゆっくり流すタイヤではなく、レーシングタイヤって感じだね。
峠に持ち込んだら、どうインプレッションが変わるか
ちょっと楽しみ。

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

自転車好きdi-goの手記

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。